跳び箱を手作りしたら10秒で完成!?「0円」でできる「家庭用跳び箱の作り方」

跳び箱の作り方タイトル



園の体操教室に通っている5歳の息子。

跳び箱がなかなか飛べないようで、最近苦手意識を持ち始めていました。母としてその姿を見ていると「なんとか跳び箱を飛べるようにしてあげたいなぁ」と思うものです。

そこでそんな親心から、家で練習ができるように跳び箱を作ってみました。

ということで今回は、超簡単!「10秒で」「0円で」完成する跳び箱の作り方を紹介します。作るまでの経緯も書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 

 

こんな人におすすめ


・跳び箱を手づくりしたい
・子どもに家で跳び箱の練習をさせたい
・子どもの飛べた!の笑顔が見たい

あわせて読みたい

(スポンサーリンク)

目次

手作りのきっかけ

家なら何回も練習できる

園で行っている体操教室は週に1回60分。その60分の中でも跳び箱をする時間は限られています。しかも、ほかの園児と一緒なので一回飛んだら順番待ち・・・。実質一回の体操教室で跳び箱を飛べるのは、数回しかないのです。

でも、それが家に跳び箱があったら?

そう、自分が独り占めできるので、練習したいときにいつでも何回でも飛べるわけです。

 

買うのは高い

よし!じゃあ家に跳び箱を用意しよう!と思ってネットを探してみれば、当然お値段が高い・・・。

いくら息子が跳び箱を飛べるようにと思っても、さすがに高いお金を払うのはもったいないですよね。

 

すぐ使わなくなる

跳び箱を使う期間は本当に限られています。飛べるようになたらあっと今に、ほこりをかぶること間違いなし。

短期間しか使わないから、後々置き場も処分も困ってしまいますよね。

 

安くてすぐ処分できる手作りは良いよね?

ということで、高くて買えないなら、安くて簡単な手作りをしてしまおうってわけです。

  1. 好きなだけ練習できる
  2. 安い
  3. 処分しやすい

手作り跳び箱にはメリットがたくさんあります。

ということで、簡単に出来ちゃう跳び箱の作り方を紹介します。

 


跳び箱の作り方

10秒で出来る方法

まずは、スーパーへ行って、ミネラルウォーターや炭酸水などを「箱買い」してきます。

ペットボトルの段ボール

我が家は、炭酸水をよく飲むのでこちらを箱買いしてきました。息子と一緒に買いに行き、息子の体格と段ボールのサイズ感をくらべて、今回は2個購入。

ダンボール2個を積み重ねます。

段ボールを重ねた写真

はい、完成です!

縦方向からみるとこんな感じ↓

段ボールを二つ重ねた写真

炭酸水はいつも飲んでいるので、跳び箱のための出費は0円!災害時の備蓄用にミネラルウォーターでもいいですね。積み重ねただけではありますが、ペットボトルが重たいので、子どもが飛んでもずれることはありませんでした。

本当は、ペットボトルが逆さまになった位置で使いたかったのですが、子どもの伸長に合わせるとこの置き方(ペットボトルが横向き)になりました。

お子さんが小さい場合はひと箱だけにしてみたり、向きを調節するといいですよ。

 

より安全な作り方

ただ積み重ねただけでは危ないと感じる場合の、対処法を紹介します。

 

①ガムテープを貼る

飛んだ瞬間に上の段ボールがずれてしまう可能性があります。ペットボトルの重たさがあるので、大きくずれることはないですが、念のため重ねた部分にガムテープを貼っておくと安心です。

ちなみに我が子の場合は、ほとんどずれずに使えましたよ。

 

②布をかぶせる

段ボールの角が危ないかな?と思う場合は、家にある布をかぶせましょう。布はなんでもOK!

  1. 園グッズの袋作った時に余った布
  2. 赤ちゃんの時に使ったおくるみやタオルケット
  3. 使い古したバスタオル

家にある使わなくなったものを上にかぶせてガムテープで止めるだけです。我が家は、なぜか家にあった謎の布で作りました。

補強した段ボール跳び箱

すでに何百回と飛んだあとの写真なのでボロボロですが・・・。

しかも、ガムテープは子どもが張ったので、綺麗に貼れていないですが「自分で作った」という満足感は得られますよ!誰に見せるわけでもないのですから、見映えは良しとしましょう(笑)

息子は布を張ることでクッション代わりになって、怖さがなくなったようです。

(布の上には、自分の手形を書いていました・・・笑)

 

③補強する

ペットボトルはつぶれないとはいえ、段ボールには微妙な空間があり、少しずつへこんできます。

そこで、簡単な補強方法を4つ紹介します。

  1. 段ボールと布の間に本を挟む(我が家はこの方法)
  2. 段ボールをあけて、中の隙間に本を挟む
  3. へこんだら、へこんでない面に向きを変える(4回変えられます)
  4. 段ボールの中身を出して、段ボールの中に家中の本を詰め込む

一番簡単なのは③ですよね。

でも、どれもほとんど時間がかからないので、お好きな方法で補強しましょう。ペットボトルの箱では、子どもにあうサイズがないという場合は、④の方法がいいですね。

お好きなサイズの段ボールに、本を詰め込んでいきましょう。

サイズは?

本物の跳び箱だっていろいろなサイズがありますよね。そんな中、家で練習するのなら、サイズは本物の跳び箱サイズに固執する必要はないのです。

段ボール跳び箱のサイズ

我が家の手づくり跳び箱のサイズはこんな感じです。本物の跳び箱に比べればサイズは小さいです。

  • 飛ぶコツをつかむことが大切!
  • 飛べた!という成功体験が大切!

子どもは、一度コツをつかめば普通の跳び箱もあっという間に飛べるようになります。その手助けとなるのが手作り跳び箱なので、子どもの体格にあった段ボールで十分なのです。

 

強度は?

布の間に絵本を挟んだ我が家の手作り跳び箱。300回くらい飛んだ後の状態はこんな感じです。

段ボール跳び箱

下の段ボールが潰れ初めてちょっと膨らんできました。布がある面も多少凹んできましたが、本を挟んであるからか支障はありません。

ちなみに、息子が300回ほど飛んでいるうえに、友達の子(小6男子)が息子に教えてくれるために何度か飛んだのに、この状態です。

思ったより強度がありますよ!

 

作るのはちょっと・・・という場合は?

「飲み物を箱買いするのは大変だし作るのも大変」と思う場合の解決方法を2つ紹介します。

ひとつは、レンタルするという方法です。

短期集中でレンタルすれば、お手頃価格で練習ができるうえに、保管に困りません。しかもこの商品はクッションで作られているので、子供の恐怖心を和らげてくれます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で買う

 

ふたつめは、思い切って買っちゃう方法です。この商品は、小物入れとしても使えるので兄弟で長期間使う予定があるの人にはおすすめです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で買う
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで買う

 


息子の笑顔のために作ってよかった!

あっという間にできちゃう段ボール跳び箱。わが子はなんとこの手作りした跳び箱を3日で飛ぶことができました!

その様子は、跳び箱は家で楽しく習得できる!園児が自宅でできる練習法で紹介しています。飛べた瞬間の満面の笑みは、親までうれしくなっちゃいますよね。

ぜひ、みなさんもお子さんの跳び箱練習のために作ってみてくださいね。  

あわせて読みたい

 

(スポンサーリンク)

目次
閉じる