二世帯住宅だから嫁があきらめたこと【義母たちとの小さなストレス】

タイトルと×をもった主婦

私は、義両親と二世帯住宅に住んでいる長男の嫁。

でも、嫁でありながら大きなストレスもなく過ごしているありがたい環境にいます。

でもね、同居しているのは義両親。

二世帯住宅だから気を使ったり、我慢したりすることもあるわけです。

別居を考えるほどの大きなストレスではないけど、一緒に住むからこその小さなストレスたち。

今回は、そんな嫁が感じる二世帯住宅の小さなストレスや、同居だからあきらめたことを紹介しています。

単世帯で暮らすのとは違う二世帯住宅ならではの悩み。

二世帯住宅を考えている人は参考にしてみてくださいね。

こんな方にオススメ
  • 将来、二世帯住宅での同居を考えている人
  • 二世帯住宅で義父・義母と上手くやっていけるか不安な人
  • 義両親は良い人だけど、同居はちょっとと悩んでいる人

(スポンサーリンク)

目次

二世帯住宅だから

嫁姑問題や同居問題。

どこにでもある問題だけど、二世帯住宅ならではの問題が出てくるのです。

  • 完全同居でもなく、別居でもない環境
  • プライベートが守られつつも、守られない状況

この、子世帯だけの生活が「できる時」と「できない時」が共存しているのが二世帯住宅なんですよね。

完全同居よりプライベートが守られているのに、別居より守られないことがストレスの原因になるんだろうなぁと実際に住んでみて実感しています。

はっきりいって、我が家の義父・義母はとってもいい人たちなんです。

そんな我が家でも、嫁であるわたしは気を使う場面がでてきます。

実際に同居を開始してから、 

別にいいんだけど・・・

ありがたいんだけど・・・

でもね・・・?


といった感情が出て湧いてくるもので・・・。

「同居なんだから」と割り切ることができないのが二世帯住宅。

(「完全」同居じゃないからね)

では、実際に嫁が感じた、二世帯住宅のストレスとあきらめたことを紹介します。


二世帯住宅で嫁があきらめたこと

ラフな服装

私は、二世帯住宅で同居をスタートさせてから、家の中でラフな格好をすることをあきらめました。

ラフな格好というか、着古した服・・・かな(笑)

本当はズボラ主婦なので、家の中では部屋着などラフな格好でいたいタイプなんですけどね。

日中着るのを諦めたもの
  1. 襟の伸び切ったTシャツ
  2. ジャージ
  3. スエット
  4. タンクトップ(カップのついた)
  5. パジャマ

義両親が子世帯にくるのはほとんどない我が家。

それでも突然きた時に、ブラトップだったり、襟元のびのびのTシャツだったりしたことがあり・・・。

義両親にラフな格好をみられるのはやはり恥ずかしいものです。

それからというもの、同居を開始してからは部屋にいても綺麗な服装でいるように心がけています。

面白いことに、あんなにだらしない恰好でいたかった私でも、毎日ラフな格好をやめるとそれが苦じゃなくなるんですよね。

何事も習慣って大切(笑)

日中、綺麗な服を着ている事は決して悪いことではないですしね。

自分も母として、子どもにだらしない恰好を見せずに済みます。

ということで、同居を開始してから日中にラフな格好をすることがなくなりました

洗濯物の外干し

私と夫が外出している時は、外干しをあきらめました

なぜかというと、突然の雨の時に、義両親が洗濯物を取り込みに来ないだろうかと心配になるからです。

ズボラ主婦ですから、そんなに常にリビングは綺麗なわけじゃないんです。

って自慢にならないけどさ。

でも、

  • 洗濯物を取り込んでくれて嬉しい!
  • 突然の雨も気にしなくて良いなんて、同居のメリット!

っていうお嫁さんもいるから、人それぞれだと思います。

ただ、私は、

散らかったリビングを義両親み見られたくない

という一心で洗濯物を外に干さなくなりました。

うちのお義母さんは優しいから、洗濯物を取り込んでくれる可能性が大ありです。

取り込んでくれてありがとう!って私もそんな風に思いたかったけど、ズボラだから無理だな(笑)

ということで、完全に晴天の時以外は、平日の洗濯物は外では干さないことにしました

お掃除ロボット

新しいお家になったら毎日ルンバで綺麗を保つぞ~!なんてはりきっていた私はどこへやら。

いまではすっかりお掃除ロボットにほこりが積もっています。←本末転倒

 

お掃除ロボットを使わない理由は、二世帯住宅ならではの問題があったからでした。

お掃除ロボットをやめた理由
  1. 1階と2階のリビングの位置が一緒
  2. 義両親は、平日の日中も在宅している
  3. お掃除ロボットがエラーで止まった時、義母が2階リビングにきた
  4. 思ったよりお掃除ロボットがうるさかった

こんな理由ですね。

 

日中は義両親がいるから、単世帯とは違って「不在時間」がないんですよね。

だから、「お出かけ中にお掃除ロボットにお任せ♪」をすると、1階の義両親はうるさいわけです。

日中はお義母さんの友だちもきたりするので、二階からガタガタと音がしているのも落ち着かないだろうなぁと。

嫁の気づかいでもあります!

 

でも、うるさいと思いながらも便利さに使っていたお掃除ロボット。

使わなくなった決め手は、エラーが止まらずにお義母さんが誰もいないリビングに入ってきたことでした。

これさ、ぜんっぜん!お義母さん悪くないんだよね。

ただ、

  • 流しに置きっぱなしの食器を見られたくない
  • リビングの散らかりを見てほしくない

こんな、ズボラ主婦ならでは問題で、お掃除ロボットをやめたのです。

新築のときに夢が膨らむお掃除ロボット。

二世帯住宅の場合は、単世帯にはないお掃除ロボットの悩みがあることを忘れずにいましょう。

出前

同居を開始する前は、ピザとか結構頼んでいた我が家。

でも、二世帯住宅で同居を開始してから出前を取らなくなりました

キッチンも別だから、食事を一緒にするわけじゃないんだけどね。

出前をやめた理由はいくつかありました。

出前をやめた理由
  1. 玄関が一緒だから隠せない
  2. 子世帯だけで頼みづらい
  3. 出前をおすそ分けを考えないと?
  4. 一緒に食べます?って気をつかう
  5. おすそ分けや一緒に食べると、家計に響く

結局、義両親にバレずに出前を取ることは不可能なわけです。

まぁ、バレたところで何か言ってくる義両親じゃないからいいんだけど。

なんかおすそ分けしないと?って気を使っちゃって。

でも、おすそ分けや義両親の分も注文するほど家計の余裕もない。

ということで、同居開始から出前は一切なくなりました。

ストレスを感じるかは自分次第

同居と別居のはざまにいるのが、二世帯住宅。

今回紹介したストレスは、本当に小さなものばかり。

私が感じているストレスを、他の女性は感じないかもしれないでしょう。

むしろ、二世帯住宅のメリットと考える人もいるでしょう。

私の場合、ストレスの原因はズボラな自分自身の中にあるんだな、と同居をして気づきました。

  • お義母さんの手間、しっかり生活しないと。
  • 良い嫁を演じたい
  • ズボラな素性がバレたくない

こういった感情からくるストレスやあきらめなわけです。

別居したい!というほどのことじゃないんだけど・・・といった問題は、同居嫁なら絶対にありますよね。

それを自分の中でどう折り合いをつけていくのか?というのが同居嫁の試練です。

別居だったら感じない、ストレスやあきらめ。

今回の記事を参考に、自分がどんなことを我慢するのか?をシュミレーションをし、心の整理をつけておきましょう。

それが、嫁が二世帯住宅を快適に過ごすカギとなりますよ。

(スポンサーリンク)

目次
閉じる